青菜に塩ブログ

育児/買い物/サイト構築 つれづれ

日記 子育て

息子それぞれの成長

2016/02/28

長男。
先週末、私が舞台を観に行くために息子たちを実家に預けようとした。そうしたら、長男は『テストが近いから自宅に残って勉強したい』とのことで実家へは連れて行かないことに。(夫は仕事があるものの深夜には帰宅する。)

このところ小学校からの同級生と22:00過ぎにSMSをやり取りしていて、どうやら布団の中でゲームをしているらしい長男。携帯を見てそのことは知っていたんだけど静観していた。私がいない週末、どう過ごすのかなと不安半分を残しながら長男に留守番させた。

数日後に携帯を見てみると、同級生とやり取りはしていたものの『今日遊べる?』「テスト一週間前だから無理」となんとも真面目な内容だった。これ、少し前なら考えられなかったこと。自分のやりたいことを優先し、勉強は無計画、テストの結果も散々だった長男にどんな心境の変化があったのだろう。

正直なところ今回のテストにはそれほど期待できないけれど、それよりも同級生の誘いに流されることなく自分の意思を通していた長男の成長をうれしく思った。

二男。
学校でたばこの害について学んだようで、帰宅するや私に『たばこってこんなに良くないんだって!』と矢継ぎ早に話をしてきた。よく見る"非喫煙者の肺(白)と喫煙者の肺(真っ黒)の画像"などの資料を見せてきて『こんなになっちゃうんだって。いろんな病気になるんだって』。とても学校の指導が効いている様子だ(笑)

その二男が一番気にかけたのが夫の喫煙のこと。『お父さん、たばこやめてくれないかな...。これ見せたらやめてくれるかな...』と、とにかく心配していた。私が「お父さんにそのこと話してみたら?」と言うと、『恥ずかしいからそれは無理』と。それならと手紙を書くことを提案したら、小さいメモ用紙のような紙に短いながらも夫の身体を気遣った手紙を書いていた。『保健の教科書も隣に置いておいて、○○ページを読んでって書いておこうかな...』と余念がない。手紙を夫のパソコン前に置いたあとも『お父さん読んでくれるかな』『たばこやめてくれるかな』と、とにかく気にかけていた。

さて、夫の反応やいかに。

-日記, 子育て
-,