青菜に塩ブログ

育児/買い物/サイト構築 つれづれ

日記

元同僚からの電話・ほか(ここ数日のできごと20160617)

仕事に忙殺されていました。効率が悪いんですよね、仕事も家事も。効率が悪くても丁寧に仕上げることが長所でもあり短所でもあると自覚しつつ日々をこなしております。まあ納期的にギリの仕事ではあったのですが。

二男保育園時代のママさんにばったり

生活圏が近いものの小学校・中学校が違うので年に一度程度顔をばったり会うママさんがいます。保育園時代には一緒に父母の会をやったり、卒対をやったりと戦友のような仲です(と勝手に私が思っているだけかもしれませんが)。いつも会うと立ち話が長くなるので「今度お茶でもしようよ!」と私としては珍しくLINEのIDを交換しました。これが先月半ばくらいのできごと。

『6月のシフトが出たら連絡するねー!』と言っていたけれど、もう6月中旬だよw!連絡してくれると言ってもらった手前、私から連絡するのもなんとなく気が引けるので気長に待つかなー。けっこう楽しみにしてただけに残念。実はLINEのIDを交換する前にも『メールアドレスとか変わってないから何かあったら連絡して!』って去年会ったときにも話をしていて、私から数回メールを送ってるんだけど何もリアクションなかったんだ。そのことを話したらどうもgmailのアドレスが悪さをしていてメールが届いていなかったようなんだけど、保育園時代はこのアドレスでやりとりしていたからなんだか釈然としない。

意図的に無視するようなママさんじゃないし、縁がなかったということかな。残念。

旧職場の同僚からの電話

折しも上の出来事と同じ日、数年ぶりに以前の職場の元同僚(というか私の退職にあたり仕事を引き継いだ人)から電話があった。聞けば人間関係に限界を感じて一度退職したものの出戻り、でもやっぱり人間関係に耐えられず退職したいという話。『(私が辞める替わりに)戻ってきませんか?』というニュアンスだったけれど、実際は私に戻って欲しいというよりは愚痴の吐き出し先がなくて職場の事情を知っている私に連絡してきたということじゃないかな。

この旧職場は私が退職したあとなかなか人が定着しなかったようで、一度私にヘルプの電話が来たこともあった。(仕事を手伝うとかではなく、機器の操作方法。)何人入れ替わったのかはわからないけれど、仕事を覚えてこなせるようになるまで時間のかかるポジションなので会社側も大変だろうなとは思う。ただ、「専門職」「気難しい職人相手のやりとり」「極少人数の事務所」という環境なので、合う合わないが分かれる仕事だというのは確か。これもやっぱり縁なんだよね。私自身はこの職場で7年勤めて家庭の事情で退職したけれど、この退職した事情がなかったら定年まで勤めていたと思うし。

実のところ、私自身の今の仕事の状況がなかなか思うようにはいっていないので、もう一度外へ出て働けるならそうしたいという気持ちもある。夫氏の転職グセもあるし、家計の不安が多すぎるんだよ。でもタイミング的に今では無いんだよな。悩ましいね。

住民税のお知らせ来たる

事前に計算してわかってはいたけれど、ギリギリ均等割は課税されてしまったー。これがあると無いとでは学童保育料の免除などが変わってくるのでけっこう大きいんだけど、仕方なし。家計を切り詰めつつ、公営住宅に応募なぞしております。

-日記